段ボール箱が出来上がるまで・・・

本日、9月1日、富士パッケージ社員全員参加の

お勉強会の日です。

IMG_3157

 

小さな会社、突然忙しくなったり、ゆっくり出来たり・・・

「お勉強会」の予定を立てても立てても

「急な仕事が入ったからお勉強会は延期!」ってなことも度々・・・

 

この状態を何とか打破しなくては!と、

 

春からは、いったんお仕事の切れ目になる

月初・・・毎月1日には必ず開催!・・・
社内全員でのお勉強会の開催が定着しつつありまする。

 

本日、9月1日は

「段ボールケースってどうやって出来上がるのか?」

 

富士パッケージで働くみんなは毎日毎日

段ボールケースに触れています。

段ボールケースを組み上げ、梱包して行く作業は日本一ではないかしらん?

と思うほどの正確さと速さを誇ります!

多分数百種類の大きさの箱を操っております!

 

なんだけど、

このあらゆる大きさ、あらゆる形状のダンボールケース、

どうやって出来上がるの?

段ボールケース

 

当たり前に使っているものって

当たり前に目の前にあるので

特に疑問に感じないこと。

 

「段ボールケースはどうやって出来上がるのか?」
皆で学びましょう!ということで、

勉強会表紙

本日、私達富士パッケージで使う段ボールケースを
一手に引き受けて下さっている

N紙業株式会社のT氏に講師としてお願い致しました。

 

初めての「外部講師さん」を招いてのお勉強会が実施されました。

IMG_3164 DSC_0813

 

 

箱の前の「段ボールシート」が出来上がるのは・・・

・・・「コルゲータ」と呼ばれる製段工程で、

3枚の原紙を段ボール状に貼り合わせるのです。

その工程は全長で100m程。

コルゲータ

 

段ボールシートが段ボールケースになるには・・・

・・・段ボールシートに印刷・切り込み・糊付け・折り曲げをし、

出来上がった段ボールケースを積み上げる・・・までが出来る

製函機という機会があります。全長26m程。

カートンマスター②

 

いろんな工程があり、多くの人が関わってくださってこそ出来上がること。

105 096

 

 

素敵に不思議に思いつつ、

感謝の気持ちで使わせて頂きます。

 

 

 

行程を動画で見せて頂いたりと、

富士パッケージのみんな大興奮でした♪

IMG_3172DSC_0815

 

 

N紙業・Tさま、本日は本当にありがとうございました。

 

3第一工場

↑私達がお世話になっている段ボール会社・・・N紙業株式会社様・・・

とってものどかな山奥にあります。